小学生の方へ


<小学生コース>勉強の基礎を極める!

対象:小4~小6 教科:国語、算数 授業形式:講師1人につき生徒最大4名までの個別指導

 

小学校で行う内容の先取りや復習を中心に授業を進めるコースです。

 

勉強習慣や基礎学力の定着を目指します。


<市立川崎高校附属中コース>合格に向けて徹底指導!

対象:小5、小6 教科:文系、理系、国語、算数、作文 授業形式:講師1人につき生徒最大4名までの個別指導

 

市立川崎高校附属中受検のためのコースです。

附属中学校の試験科目は「国語、算数・・・」の教科別ではなく、「文系、理系」という枠組みになりますので、

受験対策の授業についてはこの枠組みに合わせて授業を行います。

 

・小5

国語と算数の力は受検をするからこそ一層重要性を増します。小学校でも扱う内容やその応用問題で基礎力を身に着けます。

5年生の文系、理系の授業の大きなテーマは「理科社会の基礎事項の理解」です。

学年にとらわれず、適性検査で出されやすい内容を中心に勉強をしていき、

附属中受検ならではの記述問題に対抗するためにも不可欠な基礎知識の理解を進めます。

もちろん並行して記述の練習も少しずつ行います。

作文は書き方を身に着けたのち、「書く→添削とアドバイス→書き直し」の過程を繰り返していく中で、

書き方や考え方を身に着けていきます。

 

・小6

国語と算数は小5の時と同じコンセプトのもと引き続き勉強していきます。

6年生の文型理系の授業は小5で学んだ知識の復習と並行して記述問題やグラフ読み取り問題など、

実際に試験の形であっても力を出し切れるようにすることがテーマです。

「解き直しノート」なども課しつつ、記述の添削も繰り返していきながら力をつけていきます。

9月以降は様々な中高一貫校の過去問にも触れながら応用力を磨いていきます。

 

作文は5年生に引き続き「書く→添削とアドバイス→書き直し」の過程を繰り返していく中で、書き方や考え方を身に着けていきます。