夏期講習会2日目

 

今日は夏期講習会2日目です!!

 

初日は非常によい雰囲気でスタートできました。やっぱりプリオーレの夏は楽しいですね(笑)

 

さて話しはがらっと変わりますが、

 

生徒を指導していると「叱るタイミング」というのは必ずあります。そんなときは、ちゃんと叱ろうとスタッフ間でよく話しをしていますが、私の中では「叱る」はさらに2つに分けています。ちょっと表現するのが難しいのですが、

 

(1)真剣にストレートに叱る

 

 

イメージ通りの「叱る」はこれにあたると思います。時には、真剣にぶつかり合って、言葉をストレートに投げかけることも大切だと思っています。

 

しかし、これだけでは伝わらないことも多いです。そんな時は、

 

 

(2)笑いを含めて叱る

 

叱る雰囲気のまま叱るのではなく、それさえも「笑い」に変え、でもどこか強い「メッセージ」があるように感じる、そんな「叱る」も意識しています。アドバイスに近いのかもしれません。

 

やっぱり笑っているときの方が、いろんなことを受け入れやすいと思うので、「笑い」というのは私の中では非常に重要な要素です。

 

また私たちは「塾講師」なので、そういった意味では「自分たちは噺家である」という偉そうな意識を持ってやらせて頂いております。

 

なので、叱るをそのまま叱るだけではなく、1つのお話にして、みんなに伝わるように工夫することも同時に楽しんでいます。

 

 

 

<追記>

 

写真は土曜日にいってきたディズニーの写真です。他の講師も、水曜日・木曜日にディズニーにいってきたようです。

 

 

西田井